2021年02月02日

屋久杉のオカリナ

 屋久島の屋久杉で作られたオカリナを、随分前にある方から戴きました。
その音は土のオカリナよりも乾いた音で、なんとも魅力的な音です。
このオカリナでは、いつもアイルランド民謡の「サリーガーデン」を吹いています。
音が独特なので、このオカリナの音に合う曲ってなんだろう、、、と、今まで色々と試していました。
今回、富山県民謡の「こきりこ節」を吹いてみました。

写真の屋久杉のオカリナの上に少し写っているのは「ささら」という楽器です。
こきりこ節は、この「ささら」を打ち鳴らしながら踊ります。
この「ささら」は、なんと大化改新の頃に生み出されたとされている古代楽器だそうです。
とてもいい音がします。吹きながら打ち鳴らせないので、今回は写真だけですが。。。
これも頂き物です(笑)
感謝!


「こきりこ節」 オカリナ演奏


https://www.youtube.com/watch?v=W70HAFpJ5PY


15A4E71D-2AC1-43E9-B201-86A6B3AE33A3.jpeg



0E5B936A-5786-4A3D-9B23-B4F3255C77A5.jpeg








| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする