2016年12月31日

2016年、ありがとうございました!

2016年も、もうすぐ終わります。
今年も一年間、応援して下さいまして、本当に有難うございました。
お陰様で今年も沢山の出会いをいただき、人の和、音楽の輪が広がりました。
沢山の刺激と感動をいただき、本当に感謝しております。
2017年、どんな年になるのかとっても楽しみでワクワクします。


写真は、今年最後の演奏。
いつも私の写真を撮ってくださっている写真作家の山崎文章さんの会社の忘年会で。
若いキラキラした社員の方々に、パワーを沢山いただきました!


来年は1月から楽しみなコンサート!
2017年もどうぞよろしくお願いいたします!!


FullSizeR.jpg


IMG_3355.jpg






| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

「夜光杯」ユーチューブにアップしました!

コンサート映像、第4弾!ユーチューブにアップしました!
10月27日あいれふホールでのチェロとの二重奏「夜光杯」です。
F管のケーナで演奏しています。
実はこの「夜光杯」は、アレンジが4種類あります。
ピアノヴァージョン、ギターヴァージョン、バンドヴァーション、そしてチェロヴァーション。
この曲は、中国の唐の時代の詩人、王翰の「涼州詩」からイメージして作りました。

来る日も来る日も戦いに明け暮れる毎日
中国の奥地の砂漠の中
夜の帳が下りたひとときの休息
冴えた月を見上げてひとり飲む酒
思い出すのは故郷の家族のこと、恋人のことばかり
郷愁の念に駆られた戦地での男たちをイメージして書いた曲です。


それぞれのヴァージョンの違いですが、表現しているのは同じシーンなのですが、それぞれカメラワークが違うという感じなんです。
チェロとのヴァージョンは、よりその男の心情を歌ったものです。


下記のアドレスでユーチューブがみれます!
是非ご覧ください!

https://youtu.be/_Mr1OrJZ2fk




2G5A0705.jpg





| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

「楼蘭」(ROURAN)ユーチューブにアップしました!

ユーチューブに第3弾、アップいたしました!
10月のコンサートで1部の最後に演奏した、オリジナル曲「楼蘭」です。
チェロ関原弘ニさん、ベース小野稔隆さん、パーカッション尾池善光さんと私の4人での演奏です。
アレンジは、佐藤金之助さんです。

〜楼蘭 ROURAN〜
 タクマラカン砂漠で発見された、約4000年前のミイラ。
金髪で目鼻立ちのはっきりした長い睫毛まで残っている「楼蘭の美女」と呼ばれているミイラは、楼蘭王国の王妃ではないかと言われています。
その「桜蘭の美女」は、船の形をした棺に納められていました。
その当時の王国「楼蘭」は、樹木が生い茂り、果物がたわわに実り、それは豊かな砂漠の中のオアシスで、東と西を繋ぐシルクロードの交易で栄えた一大都市でした。
ただその「楼蘭」は、さまよえる湖ロプノール湖と共に、忽然と消え、その幻の王国は、謎に包まれたままです。
  
 タクマラカン砂漠の荒れ果てたその場所には、楼蘭王国の象徴とも言える仏塔の残骸が今も残っています。
柱や壁の後も、その厳しい自然にさらされながら、削られるままにそこに残っています。
 
 2013年に、その「楼蘭」をテーマに、役者の岩城朋子さんの語りと、私の曲で構成したコンサートをいたしました。
そのテーマ曲として作った「楼蘭」を、今回は、新しいアレンジで、この編成で演奏いたしました。


2G5A0853.jpg


下記のアドレスでユーチューブが見れます。
どうぞご覧ください。

https://youtu.be/4Rr19JtuOsY



| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする